各職連携要綱

共通基準

相性については絶対基準で5つ星で表記する。

☆☆☆☆☆ほぼベストの組合せ。少々の連携ミスも性能で補える程度
☆☆☆☆かなりいい仕事を出来るので出来るだけ捕まえたい
☆☆☆十分お互い満足でき、組むメリットはある
☆☆1+1=2程度、敢えて組むまでもないが避けなくても良い
お互いの長所をつぶしあうので出来れば避けたい

※「居るとお互いの害になる」ときのみ☆なので注意。「居ても微妙」は☆☆

当職の基礎連携

各職との連携要綱

剣士系

騎士

Vit型騎士の連携

相性:☆☆☆

連携注意事項:

  • 湧く場所限定。ピアースで突くだけなら☆☆程度。
  • ヒールとマグニだけかけとけばものすごい勢いで狩ってくれる、という感じになる。

Agi型騎士の連携

相性:☆☆☆

連携注意事項:

  • マニピによってBBを多用できるようになるのが大きい。
  • ニブルの場合、塩によって大きく殲滅力が向上する。ニブルに限り☆☆☆☆と言えるかも知れない。
  • 騎士なので他職と比べればマシではあるが、それでも囲まれると弱い。せっかくVitに振っているのだから、その点の援護はうまくしたい。

クルセイダー

献身型クルセイダーの連携

相性:☆☆☆

連携注意事項:

  • 二人で組むメリットはない。殲滅力が決定的に足りない。
  • 後衛を含めた3人以上のPTなら狩りが安定する。
  • 献身がかかっている限り、まず即死はない。支援する側から見ればかなり楽になる。ただし、効率面から見ると特にメリットはない。

GX型クルセイダーの連携

相性:☆☆☆☆☆

連携注意事項:

  • ペアに最適である。
  • Dexプリでは自分に流れてきたとき危険であり、Vitプリでは詠唱が遅すぎてGX狩りの速さについていけない。Vit>Dex型が最適解となる数少ない相手である。

盾型クルセイダーの連携

相性:☆☆☆

連携注意事項:

  • 後衛がいないと殲滅力が不足する。
  • Agi盾かVit盾かによってまったく異なる。Agi盾は囲まれても死ににくいAgi前衛と言った感じで、Vit盾は全職最高の壁である。

Agi槍型クルセイダーの連携

相性:☆☆

連携注意事項:

  • 攻撃面での決め手が、両者ともに聖属性攻撃である。
  • 向こうから見れば組むメリットが乏しく見えるだろうが、こちらから見れば特に損はない。

盗賊系

アサシン

クリティカルアサシンの連携

相性:☆☆☆

連携注意事項:

  • 塩が効く場所ならかなり速く狩れる。
  • スティルを混ぜればそれなりの金銭効率があるだろう。
  • ただし場所はアサ側の装備をきちんと確認してから決定すること。

二刀流アサシンの連携

相性:☆☆☆

連携注意事項:
二刀の性質上場所を選ぶが、ブレスの上乗せだけで大幅に殲滅力がアップする。

INT型アサクロの連携

相性:

連携注意事項:

ローグ

短剣ローグの連携

相性:

連携注意事項:

弓ローグの連携

相性:

連携注意事項:

商人系

ブラックスミス

STR-VIT型ブラックスミスの連携

相性:

連携注意事項:

STR-AGI型ブラックスミスの連携

相性:☆☆

連携注意事項:
殲滅力はまあまあ。PTとしてバランスは取れているが、
BSを支援するなら殴りプリで十分。

アルケミスト

薬剤師系戦闘アルケミストの連携

相性:

連携注意事項:

ホムンクルス系アルケミストの連携

相性:

連携注意事項:

魔術系

ウィザード

INT-DEX型ウィザードの連携

相性:☆☆☆☆☆

連携注意事項:

ペアの場合経験値効率は全職中1、2を争うクラス。

基本的にプリがタゲを取り、Wizの殲滅まで待つ。

SG狩りに置いてはインベやMB連打による氷割りも重要。

相手の火力としての性能は最高クラスであるが、代わりに防御を捨てた型であるためそれを補うことが肝要。

だがこのステを選ぶWizの場合、Wiz自身はAGI/VITによる防御が期待できず、自衛に対する意識から多少以上の堅さを持っていることが多々ある。

INT-AGI型ウィザードの連携

相性:☆☆

連携注意事項:
相手がソロ職として、能力的に完結している。
サフラで欠点を補えればいいが、それ以外に利点は見当たらない。

セージ

FCAS型セージの連携

相性:

連携注意事項:

サマルトリア型セージの連携

相性:

連携注意事項:

殴り型セージの連携

相性:

連携注意事項:

弓手系

ハンター

DS型ハンターの連携

相性:☆☆☆☆

連携注意事項:

  • 自分が前を歩き、1匹ずつ倒していくとよい。DSがメインの火力なので、敵をまとめてもメリットはない。
  • ニブル谷でシグナムクルシスを使うと大きくダメージが上がる。

二極特化型ハンターの連携

相性:

連携注意事項:

バランス型ハンターの連携

相性:☆☆☆☆

連携注意事項:
防御能力が低い職だけに、支援すると大きく安定性が向上する。状況によっては、高めのVITを生かして自分が前に立つことも考える。基本的には、相手を前に立たせてフェンを外した方が、スピードが上がる。ハンターのレベルが95を越えるほど高く、装備やプレイヤースキルも十分であれば、城2やノーグロード2Fも二人で行ける。

鷹型ハンターの連携

相性:

連携注意事項:

バードダンサー

避けDS型バードダンサーの連携

相性:

連携注意事項:

DS型バードダンサーの連携

相性:☆☆☆☆

連携注意事項:
SP依存の職だけに、マグニで別人と化す。
相手がモーションキャンセルを会得しているかどうかで大きく変わるが、
低DEFの狩場なら高い殲滅力がある。
転職直後から高殲滅力を発揮できるが、レベルが上がってもそれほど殲滅力が上がらないという面もあるらしい。

GvG型バードダンサーの連携

相性:

連携注意事項:

二極特化型バードダンサーの連携

相性:

連携注意事項:

聖職系

プリースト

INT-VIT2極型プリーストの連携

相性:☆

連携注意事項:

  • TUがあれば、ピラ地下3に行ってもいいかと思える程度である。

INT-DEX2極型プリーストの連携

相性:☆☆☆

連携注意事項:

  • DEX型の支援プリの場合は相性:☆である。
  • 相手がMEプリなら、自分がタゲを受け持って相手にMEを撃たせることで安定して狩れる。特にサフラが効果的である。ただし、相手のDexがカンストするほどに高い場合、それほどメリットはない。

INT-VIT≧DEX型プリーストの連携

相性:☆

連携注意事項:

  • おそらく、組もうと思うこと自体ないだろう。

INT-AGI型プリーストの連携

相性:☆

連携注意事項:

  • とにかくMobを倒せない。

モンク

パッシブ型モンクの連携

相性:☆☆

連携注意事項:

  • プリは支援職だけにどの職と組んでもメリットはあるが、モンクの場合はブレスIAが必要ないだけに、そのメリットが半減する。
  • 相手が発勁を持っていて、ある程度INTを振っていれば発勁メインで狩れる。

コンボ型モンクの連携

相性:☆☆☆☆

連携注意事項:

  • コンボ型と言っても、コンボで戦った場合はそれほどメリットはない。マニピのおかげで、全部コンボをつないでもSPが切れないと言った程度である。
  • 亀島D1でのLA-発勁狩りがかなり儲かる。常識となりつつあるので、亀島へ行くという話になった場合は、モンク側で条件を整えてくるだろう。
    • とにかく素早いタゲ取りとLAを繰り返すことになる。インベではLAのディレイで撃てないことがある。武器を持っていては遅い。したがって、亀の攻撃に耐えるVitと、素手で亀に当てるDexが必要となる。

指弾型モンクの連携

相性:☆☆☆☆

連携注意事項:

ステ振りにもよるが、基本的にSPに飢えているタイプなので、マグニが大変に喜ばれる。

IMで大幅にダメージがアップする(最大で+1000程度)。サフラ、LAも欲しい。

自分が前に立ち、一撃確殺の指弾で倒していくのがよい。

IM3秒、サフラとLAが2秒と大変ディレイが長いため扱いづらいが、うまく使っていけば、すべて一撃で倒していくのでサクサク進める。

死にやすいのでタゲを奪う技術も必要。

ショートトークボード


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-08-03 (木) 20:01:28 (4701d)