臨時の流れ

 ここでは臨時の大まかな流れを説明します。

◎参加から出発まで

 とにかく、見知らぬ他人とPTを組むということを意識しましょう。

 通常生活と同じように、初見の人とは最低限の礼節をもって接すること。

1.募集チャットに入ろう

  • 募集チャットの募集メンバー詳細によく目を通す。
  • 自分のレベル、ステータス、職業に合ったチャットに入ること。
  • 間違って入った場合は、その旨を伝え謝罪してから退室すること。
    • この時点で今現在他のPTに入っている場合は抜けておくとよい。

2.挨拶をしよう

  • チャットに入ったらまず挨拶。
    • 後から人が入ってきた場合もきちんと挨拶すること。 

3.自己紹介をしよう。

  • 挨拶が済んだら、レベル、職業、ステータスタイプの申請。
  • 初心者であることもこの時点で言っておくこと。
  • また、参加可能な時間の申請もこの時点できちんとしておくこと。
    • ある種の装備の有無もここで言っておくとよい。
    • Vit型の場合精練状況の申請もここでしておくとよい。
    • 魔法、支援職ならば、ここで取っているスキルを大まかに申請しておくとよい。
      • 注1:初心者だということで断られても泣かない。
      • 注2:行き先(決まっている場合)と自職との相性の問題断られても以下略。
      • 注3:装備面の問題で以下略

4.行き先を決めよう。

  • メンバーが揃い次第、行き先を決めることになります。
    • どこに行けばよいのかわからない場合には「初心者なのでおまかせします」とでも言っておくとよい
      • 注:ただしGDの場合は属性武器が不可欠なので注意が必要。持ってない場合には早めに申請すること。
        (行き先指定の場合はここは飛ばす)

5.準備を整えよう。

  • 行き先に合わせた装備や、アイテム、ショートカットの整理を行います。
  • このとき、経費に含まれるアイテムと含まれないアイテムを決めておくとよいです。
  • 忘れ物がないように注意しよう。
    • イグドラシルの葉や緊急時(支援が追いつかない時)用の回復剤は必ず携帯すること。
    • 何を持って行けばいいのかわからない場合はPTメンバーに聞くとよい。

6.作戦会議。

  • 行き先に合わせた立ち回りを打ち合わせておこう。
    • 後衛職や支援職の場合はここできちんと立ち回りを決めておくこと。
    • 支援が二人以上いる場合、それぞれがどの支援を受け持つかを決めておくとよい。
    • 前衛の場合はタゲを受け持つモブなどの種類を最初から決めておくというのも吉。
    • 何をすればいいのかわかならない場合も、ここでメンバーに『してほしいこと』を聞いておくこと。

7.さあ出発だ。

  • の前にトイレに行っておくことを強く勧めます。
  • カプラで行くのか、ポタで行くのかは行き先によって異なります。

◎狩場での注意

戦略的な立ち回り

  • 狩場での立ち回りに詳しいです。

狩場での心がけ

 ここでは主に狩場で心がけておくべきことを紹介します。

  •  狩りの最中はAFK厳禁。
    •  どうしようもない場合はきちんとPTメンバーにその旨伝えること。
      •  あまりに長時間AFKする場合、PTを脱退させられる場合があります。
  •  途中で抜けることのないように気をつけましょう。
    •  どうしようもない場合は、メンバーにその旨をきちんと伝えること。

       一旦清算をお願いしたい場合には意思表示をするのもよいが、他のメンバーからすれば決して気分のよいものではありません。

       Dropアイテム等金銭の獲得は諦め、拾ったアイテムは他のメンバーに預けてから抜けるのがよいでしょう。
  •  支援をもらった場合。
    •  手が開いているなら何らかのエモを出すように心がけましょう。
    •  PTであるといっても他人同士。相手を思いやる心を持ちましょう。
  •  他のPTやキャラクターへの横殴りには細心の注意を払いましょう。
    •  PT狩りに慣れていない場合、味方を助けるつもりが知らないPTのモブを横殴ってた。

       なんてことがよくあります。

       その場合はきちんと謝罪するように。
  •  狩りはだいたい1時間半〜2時間半くらいの時間で終わります。
    •  PTや狩場の様子によって長くなったり短くなったりもしますが、平均するとそれくらいだと思います。

       「そろそろ清算にしましょうか?」等の意見が出始めたら終わり時です。

       自分が疲れてきた場合も、それくらいの時間が経過しているなら清算をお願いするとよいでしょう。
  •  んでもって、帰還。
    •  ポタがない場合はそうないとは思いますが、もしなかった場合は落ち合う場所をきちんと決めておきましょう。

◎帰還から清算。解散まで。

 清算終了まで、できるだけダラダラとした雑談などは抑えるようにしましょう。

 限られた時間でROをしている人もいるということを心に留めて、

 なるだけスムーズにことが進むように商人さんや他のメンバーに協力するようにしましょう。

 清算時、オーク時の特別な注意は
 清算、オークションに関する注意(リンク先未実装)をご覧になってください。

1.清算チャットに入ろう

  • 商人系NPCの近くで「せいさん(変換自由)」系のチャットが立つと思います。
  • 立てたのがPTメンバーであることを確認し入りましょう。
    • 注:他のPTの清算チャットに入らないように注意すること。

2.労いの言葉

  • チャットに入ったらまず挨拶。おつかれさまでしたなどが一般的。

3.商人を出そう。

  • ここで誰かがOC10商人を連れてきます。
  • 初心者の場合、その後の処理が大変だと思います。
    • 勝手がわかるまでは他のメンバーに任せておくのがよいです。(ひきうけた場合の展開は一番下に)
    • また、後のオークションを見込んで、お金を持っているキャラにチェンジしたい場合は、

      ここで申請し、他のメンバーにアイテムを渡してから、キャラクターチェンジしましょう。

4.商人さんにアイテムを集めます。

  • 着服せずにちゃんと狩りの最中に拾得したすべてのアイテムを渡すこと。
  • 受け渡した後は、「以上です」等の発言を行い全てのアイテムを渡した事をはっきりさせるとスムースに運びます。

5.残すアイテムを決めよう。

  • ここで「NPCに売らずに残すアイテム」を決めることになるので、自分が必要としていて残して欲しいアイテムの申請をしましょう。
  • この申請したアイテムは基本的に申請した人が買い取ることになります。
  • 申請しなくても基本的に残すアイテムには、プチレア、レア、回復剤系があります。

6.NPCにアイテムを売ろう。

  • チャット内にてNPC売りしたアイテムの総額が発表されます。
  • 経費申請はこのときに行うのが普通なようです。

7.オークション。

  • 人数で等分できるアイテムは等分して配り、残ったアイテムをオークションという形が多い。
  • また。回復剤は回復剤でひとまとめで。
  • 原石は原石でひとまとめ、といったオーク方法が主流です。
    • 落札した場合、取引要請をもらうと思うので落札した価格と商品を交換取引しましょう。

8.利益分配です。

  • 基本的に

    (ドロップアイテムを売った金額+オークション落札価格)÷人数
    ぶんの金額を受け取ることになると思います。
  • ゼニーを受け取ったら「ありがとう」「受け取りました」等の発言をするとよいでしょう。
  • 清算商人を経験するとわかることですが、清算を進行するのはなかなか大変です。
  • ですから商人を出し進行を担当してくれたプレイヤーには一言ねぎらいの言葉を言うと気持ちが良いでしょう。

9.解散。

  • になるか雑談になるか、はたまた二次会突入になるかはわかりませんが。

    臨時一通りの流れはここで終了です。

    おつかれさまでした。
  • またよろしくお願いします、などと言っておけば人間関係がスムーズに運ぶでしょう。
     
    清算時の経費に含まれるのは本来必要でなかったはずの青ジェム、イグ葉までというのが主流。
    緊急用ポーションや、弓手の矢代などの申請は行われないのが普通です。
    気をつけましょう。
    (流れによっては回復剤も経費に含まれる場合があります。臨機応変に) 

◎清算時に商人を出した場合。

清算時に自分で商人を出した場合の流れについて解説します。

オークション、清算のさらに詳しい注意はこちらに。

1.商人を連れて来よう。

  • 臨時に参加していたキャラのアイテムは他のメンバーに渡しておきましょう。
  • 清算場所を忘れないように。できれば、通信用にPTメンバーを一人メモしておくとよいでしょう。

2.商人を連れてチャットに入ります。

  • 商人が持っているアイテムが、清算時のアイテムと混ざらないように
  • あらかじめカートに入れておき、何も持っていない状態にしておくのが好ましいです。

3.アイテムを集めましょう。

  • 基本的に相手側からの取引要請を待つようにします。

4.残すアイテムを決めましょう。

  • 上の清算の流れに書いたアイテムは基本的に残すように。
  • あと、イベントアイテム等を集めているメンバーもいるかもしれません。
  • 確認は忘れないようにしましょう。

5.残すアイテム以外をNPCに売り払います。

  • このとき、sellウインドウに出る金額をメモするのを忘れないようにしましょう。
    • アイテムと違い、清算前に自分が持っていない状態(0z)にすることはまずできないので
    • 必ず自分のお金+清算のお金が混ざりますから絶対にメモしておきましょう。
  • その後、売り払った金額の発表をチャット内で行います。
    • 経費の支払いもこのときに行います。

      経費は使用されたアイテムの相場×個数支払うのが普通です。

6.オークションに入ります。

  • まず、残したアイテムを発表します。きちんとそれぞれの個数も発表しましょう。
  • このとき、メンバーの人数分確保できるアイテムがある場合は、

    メンバーにそれぞれ等分したものを配り、残ったものをオークション。

    で、よいでしょうかと確認をとること。
  • 回復剤系、原石系とまとめてオークする場合も、確認をとっておいたほうがよいです。
    ◎オークションの詳しい方法はこちらへ
  • アイテムが落札されたら、落札者に取引要請を出し、落札した商品を渡して落札金額を受け取ります。
    • オークションには自分も参加できます。

7.お金の分配

  • NPCに売り払ったアイテムの合計と、落札金額の合計を足して、人数で割ります。
    • 電卓片手にがんばってください。また、間違いがないように三回は計算するとよいでしょう。
  • チャット内で分配金額を発表。
  • その後、各人に取引要請を出して金額を分配します。
    • 間違えて同じ人に二度支分配することがないように注意。配った人をメモしておくと安心。

8.配り終えたら商人の出番はおしまい。

  • おつかれさまでした。

リーダー編

 ここでは、臨時の際にリーダーになった場合の心構えと流れを説明します。

募集の前に。

 募集チャットを立てる前に、以下のことをしておくのがよいです。

1:PTの定番狩場のモンスターを把握する。

  • ○現在の場合はOD、GD、監獄、騎士団、城、亀を覚えていれば問題ない。
  • ◎それ以外の場所を覚えていると一寸できる人になれる。

2:自分の能力を生かせる場所を選択する。

  • ◎自分に必要な装備や回復、速度Pは募集する前に準備。

3:自分の能力を補強する組み合わせを考え、募集する

  • ○他の人の力を吸い取ろうと考えない。まずは自分が何とかなるところで。
  • ◎文字数が足りない場合はPT名に行き場所を書くのが小技。ギルドにいれば、だが。
  • ◎行き先、求める職がわかりやすいチャットを立てること。

4:商人は自ら準備する。

  • ○人に期待しない。精算はスムーズに済ませる為にプロ街中に準備。
  • ◎高額レア、プチレアの大体の相場は把握し、いざというときに買い取れるようにする。

募集チャットでの注意。

1:*まずは挨拶。

  • ○入ってきた人にはちゃんと挨拶すること。

    最低限のマナーです。

2:人を見極める。

  • ○最初にきちんとレベル、職、装備の確認はしておこう。

    装備具合などをみて「その装備(ステ)では厳しいです」とはっきりいうように。
  • ◎職業に関してはできるだけ文字数を工夫して細かく募集すると手間が省ける。

3:狩場を決めよう。

  • ○最初に大まかな構想を練っておくのがよい。
  • ◎入ってきたメンバーによっては行き先を臨機応変に変える柔軟性も必要。
  • ◎決めるときはさくっと意見を通すようにしよう。グダグダして時間ばっかり消費するのは一番ダメ。

4:作戦会議は必ずする。

  • ○何が沸くか、何が必要なのかすらもわかってない人もいる。
  • ◎Flee幾つで避けられると具体的な数値も把握しておくと敵の割り振りも簡単。
  • ◎計算通りに行かないこともあるが方針は大事

狩場での注意

 情報待ち。

清算時の注意。

 清算時はなるだけクール&ビジネスライクに進めること。

 ぐだぐだ雑談になりそうな場合は、主体的に雑談の流れを切って清算を進める。

 とにかく仕切れ。

 オークション、清算時の注意は[[こちら>]]。

1:清算チャットを立てよう。

  • ○なるだけNPC商人がいる場所で立てるとよい。
  • ○わかりやすいチャット名にするのがよい。

2:ここでも挨拶。

  • ○最低限の挨拶は忘れるな。
  • ◎ここで支援さんに労いの言葉をかけておくとよい。

3:商人を出そう。

  • ◎募集の前に、でも書いたが自分から商人を出せるようにしよう。
    • ここからの流れは商人を出した場合を参照。

4:別れの挨拶も忘れずに。

  • おつかれさまでした。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-10-14 (水) 09:24:04 (3625d)